こんにちは よっちです。

今日は廃材での犬小屋作りを紹介します。2年前の作品です。

我が家の愛犬はラブラドールレトリバーの雄で、現在16才の超高齢犬です。名前を「テツ」といいます。もともとペット屋さんの繁殖用のタネ雄で、由緒ある血統できちんと訓練もされたかわいいやつです。テツが10才になる頃、我が家にもらわれてきて室内犬になりました。

DSC05318


2013年に自宅を一条工務店のi-smartに建て直し、引き渡しとほぼ同じ頃によっちの二人目の子供(男)が産まれました。その子がハイハイを始めるようになった頃ですが、テツがヤキモチからか年齢によるお下の緩さがきているのか、新築の床におもらしを頻繁にするようになりましたヽ(TдT)ノ

IMG_0165
こちらのストレスをよそにソファーでくつろぐテツ


さすがにね。かわいがっていた犬ではありましたが、新築の床に、しかも子供がハイハイするようになった床におしっこされたらきついですよね。。。老体に本当にかわいそうだとは思いましたが外で飼うことになってしまいました。とりあえずはガレージにスペースを作ったのですがやっぱり小屋もつくってやらにゃってのが今回のきっかけです。

材料は家にあった廃材です。ハウスで余っていた風化の激しい発砲スチロールも断熱材として利用しました。
IMG_0211

この頃は当然すべて手ノコ。冬が来る前に完成させなきゃ(。・ω・)ノ゙
IMG_0216

IMG_0219

床断熱として発砲スチロールの板を貼りました
IMG_0222

重くなる前に移動させて・・・
IMG_0244

壁にも床にも発砲スチロールを貼って・・・・
高断熱住宅なi-smartを真似てみました(´∀`*)
IMG_0252



でも前後は筒抜け~~(゚∀゚)アヒャヒャ

IMG_0254

現在は前後も板を貼り、逆に側面に出入り口をあけ直し直射が入らないようにしてあげています。
断熱材はそれなりに効果を発揮しているのではないでしょうか。二冬なんとか越してくれました。

長生きしてほしいと思っています。

今日はこのへんで。