こんにちは、よっちです。 本日は住宅記事です。


<真夏の照りつける太陽の下、大規模商用施設の屋外駐車場に車を置いてお買い物。お昼時だし、ここ停めたまま昼も取っちゃおっか>


 これってよくある光景ですよね。 3~4時間もして車に戻ろうものなら、それが真夏の昼時であれば間違いなく車の中は灼熱地獄になっていますよね。車では数時間でその調子です。

 そして白い車と黒い車ではその灼熱度合いが随分違ってて、黒い車は最悪ですよね。そういう観点から車の色を選んだ事はありませんか?



一日中太陽の強い日差しを浴び続ける住宅の外壁が黒かったら…。 そういう観点で、外壁も白っぽくする人もいるんじゃないでしょうか。 でも街中で黒っぽい家をたまに見かけます。大丈夫なのかなぁ?って思ったことありませんか?




さて、よっちの家は全面こげ茶一色です。遠目に見たらほぼ真っ黒です。
IMG_0332



よっちがi-smartの仕様を一条工務店さんと打ち合わせしている頃にはi-smartそのものがまだあまり普及していなくて、近隣で見かけることはほとんどありませんでした。実際に黒っぽい外壁一色のi-smartとなるとよっちエリアの一条さんとしても前例がほとんどなかった頃なんじゃないでしょうか。展示場も部分使いだけでしたので、それに答えてもらえる生の声も当然ありませんでした。

「家を真っ黒にして大丈夫なのか⁉」

冒頭に書いた灼熱地獄になるんじゃないか?の不安が当然ありました。


よっちは今、3回目の夏に突入です。すでにこの家で2夏を過ごしました。









だから自信を持って言えます。


安心してください。
i-smartなら夏の炎天下もへっちゃらです!








今まさに計画中の方がこのブログを見ておられたら、安心してください。好きな色で大丈夫です(´∀`*)

よっちもそんな冒険をしなくても白のチョイスもあったわけですが、何故よっちがこげ茶一色を選んだのか、またどんな風にへっちゃらなのか、その暮らしぶりは次回に紹介します。


今日はこのへんで。