こんにちは、よっちです。

暑くなってきましたね。きゅうりとピーマンが順調に育っています。
IMG_1715
毎日数センチ単位で伸びているのがわかります。


IMG_1716

もう実がついています(*゚∀゚)っ



今日(7月6日)は仕事上がりが少し早くて17時頃に家に戻りました。雲一つない良い天気でしたので西日もきついです。

そう、よっちの家は西日が良くあたるのです。

西日の当たっている玄関のタイルに手を置こうとしたら、とても置ける温度ではありませんでした。こんな時刻ですがヤケドしそうです。




ところがドアを開け一歩玄関に入ると全然むっとした感じはありません。暑い外から戻ると温度の落差で涼しく感じられることは良くあることです。でもこれは明らかに落差という感覚の部分だけではありません。20cmほど先の壁向こうはヤケドしそうな温度なのですから。断熱性能がものすごいということですね。





さて、よっちの家は西側玄関ですので断熱玄関ドアを採用しました。断熱ドアとはいえ、i-smart標準の19cm厚の断熱材が入った壁に比べれば、断熱面ではやはり手薄です。玄関にはロスガード(換気システム)の換気口もないので空気の撹拌もありません。それでも入った途端i-smartの断熱性能の高さを思い知らされます。普通この時期であれば湿度を伴った不快な暑苦しさに出迎えられるのではないでしょうか。



そして居間に進みます。

涼しいです。今度は落差のせいもありません。確かにに涼しいのです。

妻の姿は見えません。おそらく午前中いっぱいくらいは洗濯や片づけをしてくれていたと思います。その後、今日も実家に子育てヘルプをもらいに帰っているのでしょう。いつものパターンですから(゚∇゚ ;)エッ!?


そうそう、ここには報告しておりませんでした。実家に産後ヘルプで帰ったままになっていた妻が、1週間ほど前に戻ってきたのです。拠点は今この家にあります。






話をもどします。

涼しいのは
「数時間前のエアコンの涼しさがこの時間でも残っている」
からなのです。

IMG_1718
今日、帰宅直後に撮った写真です。室温28℃です。







それにしてもi-smartのエアコンは良く効きます。床暖房システムには最初から1台エアコンが標準装備されていますが、これ1台で24帖のダイニングキッチンの他、和室、ランドリースペースまで、1階全てが完全にカバーできています。

旧よっち宅の居間には大型エアコンを2台部屋の各隅に配置していましたが、涼しかったのは、その真ん前だけでした。その苦い経験もあって、 i-smartの居間のレイアウトを考える時エアコンは部屋のほぼ中央に配置しました。真ん中のエアコンにした事も良かったのかもしれません。


 

さて、よっち宅ではエアコン設定温度は28℃です。また、28℃設定だと寒く感じる時があって、時々29℃に上げたりもします。うそのようなホントの話です。

そして今日は妻のお出かけ前の室温がほぼそのままキープされていたのでしょう。営業さんがいう魔法瓶のような家とは良くいったものです。

さすが省エネ大賞です。断熱性能はまさにピカイチですヾ(=^▽^=)ノ


ちなみに普段エアコンを使わない2階の室温も確認しました。
IMG_1723
30℃ですね。少し暑さを感じます。エアコンを入れたくなるむさ苦しさです。28℃と30℃、この差2℃で感じ方がかなり違いますね。



次回は28℃設定について掘り下げたいと思います。



今日はこのへんで。